2019年
03月27日

おばちゃんの独り言「地元の逸品おひろめ会に行ってみたよ」

タウンニュースを見ていたら、「平塚逸品研究会」が地元の逸品おひろめ会を開催するという記事がありました。
「平塚逸品研究会」は、平塚、大磯、伊勢原の若手商店主が集まって、各店の特色を活かした商品の開発を通して魅力を発信する活動をしているそうです。
おばちゃんは平塚出身だけど、平塚のことあまり知らないから行ってみようかな〜なんて思いながら記事を読んでいたら、試食を用意する店舗もあるって書いてあるじゃないですか〜(笑
当日の天気は雨でしたが、おばちゃんは試食につられて行ってきました。

順番にみていたら、「まちゼミ」でも人気の東曜印房さんが出店していました。
おばちゃんちょっと興味があったのだけど、お店の方が不在で残念。

次にアクロスとお取引のある飯処たまはんさんが出店していました。
「たまはんの逸品はこちらです“お食い初めお祝い膳」ってチラシを頂いたので、「いつもお世話になっておりますアクロスです」ってあいさつしたら、「実は私たまはんさんではなくて、隣の蕎麦屋の者です。たまはんさんが不在なのでかわりにチラシを渡しました」って、おばちゃん営業じゃないからお客様の顔知らないよね〜(苦笑

あ〜今度はおばちゃんも顔を知っている田中紙店さんだ。
田中紙店さんの逸品は、ライト付き油性ボールペン。看護士、運送業、警備員の現場の声から生まれたそうで、ノックするとペン先にライトがついて暗いところでも字を書くことができちゃう優れものです。

次はカラフルな色が目を引くマ・コピーヌというお店で、お菓子屋さんです。
このお店って開店した時からおばちゃんが気になっていたお店です。なぜなら、お菓子屋さんだから・・・ではなくて、以前おばちゃんが住んでいたお家のすぐ近くだったから。でも、開店している時間になかなか行くことができず、どんなものを売っているのかな~って。
こちらの逸品は、ごきげんマカロン。あっ、試食は・・・と思ったら、タウンニュースの取材が入っていたのでスルーして次へ。

次のお店は、伊勢原にある花呉装という着物のお店です。
こちらのお店の逸品はMOKUタオルという今治製のタオルで、絞って小一時間で乾く速乾吸水性にも優れたタオルですが、タオルとしてだけでなく、首元に巻いてスカーフのようにも使えるとの事。実際にお店の方も巻いていました。色が豊富でお値段も一枚800円とお手頃なので、おばちゃんも一つ購入しようかな〜なんて見ていたら、「今日はおひろめ会なので、展示するだけでお売りする事はできないのですよ」って、おばちゃんまだ買うって行ってないのに・・・
買う気満々って顔に出ていたのかしら(笑。

一周まわったけど試食無いじゃーん!そしておばちゃんはもう一周まわったのでした。すると、試食いかがですか?って声をかけられ、キター!試食(笑
おばちゃんは喜んでーっと一つ頂きました。するとどうでしょう、後ろから「ご試食された感想は?」って、えっ!? おばちゃん後ろを振り返ったら、「タウンニュースです」って男の人が。えーもしかして食リポ?って一緒に試食した知らない方と感想といわれてもねって顔を見合わせて、でもその方が味わい深い・・・とか、ごまの味が・・・と答えていたので、最後に美味しかったですか?ってきかれ、おばちゃんは「美味しかったです」と答えました(笑
他のお店を取材していたのでおばちゃん油断した〜(苦笑
おばちゃんが試食したのは、平塚を中心に障害者支援施設と子育て支援施設を運営する「進和学園」の事業所でサンメッセしんわというお店の逸品で、みたらしごまクッキーでした。
先日市役所に行ったときに、サンメッセしんわの商品が売っていました。そこでもちろん試食した、みたらしごまクッキーも買ったけど、一緒に買った湘南みかんぱんが美味しかったですよ。生地もオレンジで、餡もオレンジで、一口食べたらもうみかんの味でした。このみかんぱんは平塚の名産品にも入っていますので、是非食べてみてくださいね。

あ〜次はどこに行ってみようかな・・・。
健康診断前なのに、ポッチャリ度増量中のおばちゃんでした〜まったね~。

38b96055311bf30e492a9096b2cff17a.jpg


<前の記事 次の記事>