視覚に訴えるピクトグラム、ロゴマーク!

ピクトグラムと聞いて、真っ先に思い浮かぶものは何ですか?
非常口の上のマーク、トイレのマーク、駅構内の案内マークなど日常生活のなかには様々なピクトマークがあります。

ピクトグラム
別名「絵文字」「絵単語」とも呼ばれ、情報や注意を表示させるための視覚記号の一つ。文字以外のシンプルな図記号で表現したい概念を表しています。言語の制約を受けない視覚言語として日本では1964年の東京オリンピックから使われ始めました。
 
そして2002年に開催されたサッカーの日韓ワールドカップを機に、日本人だけでなく外国人観光客にもわかりやすくるために、新しいJIS Z8210「案内用図記号」が制定され、今回、2020年のオリンピック・パラリンピックに多くの外国人を迎えることから、改訂されることが決まりました。
 
他にも街中にいろいろなサインがあります。
コンビニの中だけでも店舗ロゴマーク、床のレジ待ちの場所シール、ごみ箱の分別マークなど、視覚に直感的に訴え、誰でもわかるような工夫があります。
 
マークといえば最近お客様から会社、お店のロゴマーク作成依頼が続いています。
新たにお店を開く、引っ越しを機になど。
会社の顔ともいえるロゴのデザインは、まず打ち合わせでつくるロゴの方向性を確定していくことが重要になります。弊社では打ち合わせを重ね、数パターンのラフ提案など、お客様のイメージをカタチにしていきます。ぜひご相談ください。
 
わかりやすいサインといえば、弊社の名刺の裏、知っていますか?営業品目のマークが並んでいます。
アクロスの名刺の裏

印刷やデザイン発注を成功させる方法

チラシやポスター、ホームページを発注したときに結構あるモヤモヤが
「思った通りのものができなかった」です。ITの現場ではこのモヤモヤが大きくなって裁判沙汰になるケースもあります。

紛争に発展する理由は受注者がいい加減な仕事をしたからでしょうか?
・・・それなら話が早いのですが、そこまで単純じゃないんです。

コミュニケーションがうまくいかない

日本語同士で会話をしているのに、うまく話が噛み合わないということは結構あります。 良いものを作ろうという気持ちは一緒でも、バックボーンが違うと、発想や表現は全く違うものになります。この記事を書いている私はWEBデザイナーですが、バックエンドのエンジニアさんと話をするとき、どうにもうまく気持ちを伝えられないことがありますし、もちろん全てではありませんが、デザイナーはエンジニアから嫌われている傾向にある様です(笑)。

同じ作る側でもコミュニケーションがうまくいかないことがあるんですから、発注者と製作者ではなおの事。

最初は小さなボタンのかけ違いでも、ほっておけば大変なことになります。
こうならないために、要所要所で確認をとりながらプロジェクトを進めていくことが大事です。制作側から「これで大丈夫ですか?確認お願いします」と言われたら、お忙しい中恐縮ですが、面倒くさがらずに確認してあげてください。

また言った言わないが発生しないためにも、打ち合わせ後には議事録の共有は必要です。

デザイナーとセンスが合わない

身もふたもない理由でごめんなさい。

お客様に気に入っていただける様に、そして最大限の効果を発揮できる様に、いつも全力でデザインに取り組んでいます。デザインって、芸術作品と違って、セオリーがありますし、デザイナーもプロですから、「効果的なデザイン」というものを心得ていますので、そうそう外すことはありません。それでもどうしても気に入っていただけないこともあります。

それが、センスが合わないというやつです。

デザイナーにも得意不得意があります。男女の感覚の差もありますし、年齢も然りです。ですから、制作を依頼する際には、その制作団体の制作実績をきちんと確認する様にしましょう。

アクロスの制作実績はこちら

プロジェクトを破綻させないために協力を

発注者側も受注者側も目的はただ一つ、プロジェクトを成功させることです。そのためには、双方が協力し合う必要があります。

「発注してるのに、こっちもやることがあるの?!」と思うかもしれませんが、とても大切なことがあるんです。それはまず、「なにを作りたいのか」をお伝えいただくこと。「要件」を明確にしていただくことです。冒頭に「思った通りのものができなかった」というモヤモヤが結構あると書きましたが、「思ったものがモヤモヤしてる」ってケースもなかなか多いんです。

普段の買い物の様に、すでに商品として形になっているものを購入するのなら簡単です。

でもシステムやホームページ、印刷物などを買う(発注)時は、まだモノが出来上がっていない状態。私たち制作側は、まだ形になっていないモノに、具体的なイメージを加え、効果的に使用できるように組み立て、お客様が欲しい形に近づけていくのが仕事なわけですが、

そのためには「欲しいもの」をお伝えいただかなければならないのです。

開発・制作が破綻してしまうのは、この「欲しいもの」があっちこっち行ってしまい、収集がつかなくなる事が原因です。

「欲しいもの」がはっきりとしていれば、それに適したデザイナーをアサインすこともできますから「センスが合わない」なんて事態も回避しやすくなりますし、議論の焦点もはっきりするので、コミュニケーションもとりやすくなります。

そして制作側はこうならないために、情報整理のお手伝いをしたり、経験の中からアドバイスしたりという提案力も重要になります。業種・メディア問わず制作を請け負っているアクロスだからこそ、ご提案できることがあると自負しています。

「欲しいもの」が決まりましたら、アクロスに是非お声かけください。

ブログを書く!面倒な業務命令にうんざりしている方に捧ぐブログ

「会社でブログを書くように指示された」とうんざり顔の皆さん、こんにちは。ブログを書け書け言っている立場のアクロスの本間です。

営業活動も足を使うだけが全てではなくなってから久しいですよね。
大手企業はもちろんのこと、中小企業でも「SNSの活用だ!」と叫ばれて、正直耳にタコができているかもしれませんね^^;
WEB広報担当者が決まっているような組織であれば問題ないのですが、そんな贅沢が許される会社はそう多くありません。
いきなり上司から「お前、ブログ書け」なんて言われて焦っている方も少なくないのでは?

今回はそんな方に、ちょっとスパルタな(笑)ブログ教室をお届けしたいと思います。

早速ですが、ブログを書け!と会社から言われてまず思うことは次の3つだと思います。

書くことが思い浮かばない。
なんか恥ずかしい。
正直書くのが面倒だし仕事されろっつーの。

これ以外の理由があるなら、是非教えていただきたいです(笑)

これらを根本から解決する方法・・・考えたのですが、正直小手先のテクニックではこの問題を解決することはできません。
思いついたことといえば、「0から起業して家族全員自分の力できちんと養っていきたいと思ったら自然と書けるんじゃないか?」ってことでしたが、こんな精神論は一般的でないので却下しますね。

そこで、根本から解決できないにしても、書き出すヒントになるようなことを書きたいと思います。
少々言葉がきつめになるかもしれませんが、ご了承くださいませね。

書くことが思い浮かばない

・・・う〜ん・・・ちょっと質問させてください。
あなた、会社に行ってるんですよね?(笑)

会社には「書くべき」ことがいっぱい転がっていると思います。
「自分は内勤だから・・・」とか、そんな言い訳は通用しません。
会社に出社すれば、同僚の誰かが必ず何かしらの営業活動を行っているのではないでしょうか?
新しい製品が仕上がった、機械を導入した、サービス向上のための施策を行った、イベントをやった、展示会に参加した・・・会社では常に何かしらの営業活動が行われているんです。それを書くのです。周りを見てみてください。あなたの会社の営業活動で、お客様に知ってもらわなければならないことがたくさんあるのではないでしょうか?

なんか恥ずかしい。

文章の上手い下手ってありますからね・・・仕方ない・・・なんて言いませんよ!?
まず、誰に対して恥ずかしいと思っているのでしょうか?
読んでくださるお客様?

というか、そもそもそんなに多くの方の目に止まる記事だったとしたら、恥ずかしがるよりむしろ胸を張るべきです。
お客様にとって有益でない記事は、そもそも目に触れません。恥ずかしがるだけ無駄です。
そして不要な情報であれば「あ、読まなくていいや」と瞬時に判断されるだけですから安心してください(それはそれで困りますね^^;)

とにかく恥ずかしい!無理!というなら、100歩譲ってこうしましょう。
匿名で書いてください。これ、会社員ならできます。「株式会社アクロスのあっちゃんです♡」とか名乗れば良いのですから。
匿名だからといって何を書いても良いわけではありませんよ。少なくとも社内の人間は誰か分かりますし、好き勝手書いたら、会社からあなたの席はなくなるでしょうね(笑)
そして書くことに慣れてきたら、次のこう考えてください。
「匿名で顔も見えない私が恥ずかしがりながら書いていることは、お客様にとって必要とされる情報か?」と。

正直書くのが面倒だし仕事させろっつーの。

はい。仕事なんできちんと書いてください。

少々きつい書き方になってしまいましたが・・・
ブログを書け書け言っている立場の私も、ブログ面倒くさいな〜って思うときあるんですけどね(苦笑
それでも「ブログを書く」という行為は、立派な営業活動になります。
ふざけた文章を書いたり、会社の事業と全く関係ないことを書いたりしてはいけません。

それでも「ブログが書けない!」という場合は、ぜひアクロスにご相談ください♪
ブログを書きやすくなるHPの企画や仕組みをご提案したり、執筆代行のご相談も承ります。

Women Techmakersに行ってきました。

こんにちは!アクロスのレアキャラ、本間です。
3 月 19 日(土)Google 東京オフィスで開催されたWomen Techmakersに行ってきました。
IMG_4323
 
このイベントは3 月 8 日の国際女性デーに合わせて開催されたイベントで、テクノロジー業界で活躍する女性が、情報交換したり学び合ったりするためのワークショップや交流会が行われました。
 
IMG_4328

Keynote – Xinmei Cai

99.9%英語だったので、半分も聞き取ることができず(爆笑)
わたしはこんなテイタラクですが、アクロスにはちゃんと英語話せるスタッフもおりますのでご安心くださいませ。
そんな中でも”Our Time To Lead”の言葉にはグッとくるものがありました。

パネルセッション

テクノロジーを軸に、さまざまな方面でキャリアを築いている女性たちによるトークセッション。
『キャリアを選択する上でチャレンジだったこと』や『保活や普段の生活について』など、働く女性なら聞いてみたい内容が語られました。

さまざまな事柄が語られる中で、会場から『どうやってキャリアを積み重ねればよいか、参考にした人はいたか?』といった内容の質問が出ました。講演者の皆さんがそれぞれ回答されたのですが、『ロールモデルはいないかな〜』とか『人のことはあまり気にしない』とか、これまたグッとくる内容!気合い入りますわっ!

ワークショップ

Progressive Web App の Codelab もしくは Design Sprint というアイデアのブレインストーミングのどちらかのワークショップに参加することができたのですが、わたしはDesign Sprintを選択。

Design Sprintとは? http://www.gv.com/sprint/

IMG_4347
 
IMG_4350
 
実際やってみて、とても汎用性のあるセッションだと感じました。
はじめて会った者同士が、たった2時間の間にテーマに沿ったサービスやアプリケーション画面のラフまで作り上げることができるんだから壮快です。ダラダラ長い会議は、疲れるだけですしね〜。
 

ランチと懇親会が・・・豪華だった

まず朝食が用意されていたことに驚きでしたが、ランチのお弁当も懇親会のお酒やお料理も豪華でして・・・あの、びっくりしました(笑)
 
IMG_4334
 
IMG_4357

そして、搾乳のためマザーズルームをお借りしたのですが(この日は主人に生後4ヶ月のこどもを託し出掛けておりました)さすがGoogleさん、女性の職場復帰もバッチリサポートしてらっしゃいます。

総括役しにくいかもしれない日本であることは事実ですが、自分の可能性を信じて、積極的にキャッチアップしていくことはとても重要だと思います。

広告はとくに『共感』が大切。
女性ならではの視点や感覚を活かさないなんてもったいなさすぎますものね。

アクロスには男女問わずさまざまなタイプのデザイナーがいます。
『カタチにしたい』ものがありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください!

積極的に勉強しながら、ご用命いただける日を楽しみにしております!
 
IMG_4367

無農薬野菜は見た目が・・・

SNSやスマホと無縁な生活を送っているAくん。
友達もいないし、
寝癖のままのヘアスタイルも気にならないらしい。
私服はジャージや短パン。
公式な場にも平気でビーサンで出かけていく。

一方、SNSを駆使し、スマホの達人Bくん。
積極的にコミュニケーションをとり
話題も豊富で誰からも好かれている。
最新のファッションや髪型も決まっている。

ある事件が起き、警察の捜査線上に2人の容疑者が浮上。
世間やマスコミは真っ先にAくんを疑ったが
結局犯人はBくんだった。

Bくんがクリエイティブの営業に来たら要注意!!
その時は、Aくん率の高いアクロスにご相談ください(笑)

失敗するホームページができ上がる原因って?

失敗するホームペーじが出来上がる原因

こんにちは!ホームページ制作を中心に担当している本間です。
「見ない顔だな」って?
たま~にMEルームに居たりするんですけどね。

私は年間6~7件程度のホームページを新規で作っています。
これって、結構スローペース。

WEBは時間勝負!思いついたものをどんどん発進していかなければいけません。だからWEBデザイナーには当然スピードが要求されます。業務を簡素化して、徹夜して(苦笑)、視界に常に星を瞬かせながら(苦笑)、一刻も早く情報を発信するのがWEBデザイナーに要求されること腆のひとつです。

そんな中、年間6~7件しか作らないお前はどんだけ怠けてるんだよ、と思われるかもしれませんね。あ、アクロスの制作全員がこんなスローペースなわけじゃないですよ!私がのんびり担当というだけです。

とはいえただダラダラ作っているわけではなく、本制作(ホームページをブラウザで閲覧・操作できるようにする作業)は3日~10日くらい。その前の段階、『どんなホームページにするか』をじっくりお客様と確認する作業に、結構な時間をかけています。

ホームページには『お作法』のようなものも存在するので、それを事前にテンプレート化しておいて、お客様の情報をはめて、なんていう風にしておけばスピード勝負できるんですが、そうはしない場合が多いのです。

私も最初からこのスタンスで制作しているわけではありません。

本当に申し訳ない話ですが、経験が浅かった頃、お客様に損をさせてきた経験があるからだったりします。いろんな失敗を積み重ねる中で『お客様とホームページが合っていなかった』が一番の失敗理由なんじゃないかと考えるようになったんです。そんなわけで、お客様が『こんなホームページ作って~』と細かくご注文くださった場合も、ほんっとうに恐れ多いのですが、いっぺん白紙にさせていただくこともあります。あ、勿論その後、一緒に組み立て直していきますからね!

と、いうわけで、前置きめちゃくちゃ長くなりましたが、今回は失敗しがちなホームページについてお話したいと思います。

好きな色にこだわりすぎちゃうのは危険

人はそれぞれ好きな色を持っていますが、例えば可愛いほわほわのベビーグッズを取り扱うECサイトで、背景が黒だったら・・・ちょっと斬新・・・というか、好きな色と顧客ターゲットの求める色が合致していればいいのですが。取扱い商品や、そのホームページを使うお客様に合わせて色を選ばなければ、確実に失敗します。

アピールポイントがどこかわからない

HP以外の広告でもそうですが、目立つところに、とりあえず『わたくし達にお任せください!』って多いですよね?正直「何を?」ってなりませんか?(笑)。『うちは野菜を売ってるんだから、野菜のことならお任せください!で良いだろう』なんてツッコミをいただくこともありますが、そもそも消費者は野菜のなにを任せたらいいのかすら良くわかりません。ちゃんと説明してあげないと。

白紙に戻されるくらいなら『プロにおまかせします!』って方法もありますが

WEB制作会社はこの言葉を聞くとプレッシャーを感じつつも必死に最良のプランを考えます。経験と知識を総動員し作り込んでいきますが、それなのに良いホームページができ上がらないのです。その理由は、お客様ご自身の考えが反映されていないから。

ここで言う『ご自身の考え』というのはデザインのことではありません。

お客様がなにを大切にしていて、お客様のお客様になにを伝えたいのか、業者に丸投げしてしまった場合、これらの情報の伝え方が弱いか、もしくはごっそり抜け落ちていたりします。業者は様々なテクニックを使って、伝えるべき情報を伝わり易いように工夫します。でも、そもそも業者にお客様の考えが伝わっていなかったら・・・怖い怖い。

だらだら書きましたがそろそろまとめ

すべてはお客様と制作会社のミスコミュニケーションが原因です。ここでのコミュニケーション不足が、のちのち、お客様と『お客様のお客様』とのミスコミュニケーションを生み出します。だから『お客様とホームページが合う』まで、じっくりお付き合いさせていただきたいなと考えているのです。

アクロスにはスピード感ある制作や物静かだけど実は熱い制作だったり、私みたいなおしゃべり大好きのんびり屋など、いろいろなタイプの制作がいます。得意分野もそれぞれありますので、『こんなの作ってみたいな~』の気持ちを引っさげて、まずはお気軽にご相談いただければと思います。お好みに合う制作者がみつかるかもしれませんよ!

で、余談ですが、『インターネット=Internet Explorer』と思う方も多いのに、結構(かなり)嫌われ者のInternet Explorerの8~10のサポートが2016年1月12日に終了します。

まだお使いの皆様、最新版ブラウザへのアップデートをお忘れなく!

HPリニューアルでアクセス激減しない為に注意すること。

ホームページリニューアルでアクセスが激減してショックを受ける男性のイメージ
なんか不穏なタイトルと画像ですいません^^; 
 
そんな不穏なことはひとまず脇に置いといて、アクロスのホームページがリニューアルされました!
いろいろ変わっているのでどうぞ隅々までご覧になってください!
欲しかった印刷物、欲しかったWEBサイトが見つかるかもしれません。
 
ところで、皆さんはWEBサイトのリニューアルというと、どんな事をイメージされますか?
『ホームページのデザインを変える作業』・・・乱暴な言い方をしてしまえば、まぁそうなんですけどね。

それでは、何を思ってデザインを変えるのでしょうか?

『WEBサイトに求める結果が出ないから』
『WEBサイトのユーザーや見込客の求めるものと違うから』
『古い仕様になってしまったから』

↑↑↑こんな風に考えてリニューアルすると、作業中に大きく迷子にならないで済むんですけど
残念ながらよくあるパターンはこれ↓↓↓
 

『飽きたから(笑)』
  
 
人間だからね、飽きますよ、そりゃ。(笑)
しかしながら『ただ、飽きたから変える』の場合、
リニューアル後に、アクセスが減ってしまいました(ゝω・) テヘペロなんてことになりかねません。
 
例えば古いサイトが、フレームで区切ってあって、原色バリバリでどぎつくて、開いた瞬間謎のMIDI音源が流れ、「ご訪問ありがとうございます。あなたは○○○人目のお客様です」なんて、画面を横に流れて行く文字がイラっとするみたいな、古き良き時代(?)のWEBサイトだったとします。

それをフルスクリーンのカルーセルで、柔軟に変化するナビゲーションバーにクールなゴーストボタンで、俺時代の最先端☆みたいなデザインに変更しても・・・起こりうるんですよ、アクセス激減ってのは。

(↑この例の場合、怖いもの見たさで来ていた人がいなくなって閑散とするってのがアクセス激減の最大の原因になりそうですけどね/笑)

と、言う訳で、これからWEBサイトのリニューアルをお考えの方に、是非気をつけていただきたい点をまとめました。

考えなしのURL変更は行わない!

最悪のパターンで、『リニューアルするからドメインも変える☆』ってのもありますが(汗)

例えば、http://dp-across.co.jp/print/sample01.htmlっていう、アクセスの多いページがあったとします。
それをリニューアル後、なんとな〜く
http://dp-across.co.jp/printting/sample-01.htmlに変えました。
 
なんか気分的に変えたくなることもあると思うんですけど、やめましょう、こういうのは。
アクセスが減る原因はいろいろありますが、一番イメージしやすいとこでいうと、例えばこの記事がSNSでシェアされていたとしたら、何百人にもシェアされた記事が閲覧できなくなります。そりゃアクセス減りますよね。
 
で、『リニューアルするからドメインも新しく取得して変える☆』なんてのはそれ相応の覚悟を持っていない限り、本当にやめましょう(汗)

ドメインには『ドメインエイジ』というものがあります。年齢のことですね。古く長く運営されているドメインの方が、検索エンジンからすると信用を得ている状態です。『ぽっと出の若造』よりも『長年勤めている人(例えそれが椅子に根をはり、これと言った仕事をしない人でも/汗)』の方が重視される傾向にあるんです。

せっかく得ていた信用を失う=検索結果に影響します。これはいただけません。
あ、でも『古いんだけど悪いことをした人』はいけません。ブラックドメインになってしまった!なんて場合は変えるべきです。この話はまた別の機会で。

記事タイトルをむやみやたらに変えない!

それまで検索上位に表示されていた記事のタイトルを考えなしに変えるとか、本当にやめましょう。タイトルタグはページの見た目には関係ありませんが、SEOにおいてはとても重要な役割を持っています。タイトル部分にアクセスを稼げるキーワードが入っていたかもしれません。変更するときは、きっちりと考えを持って最適化していきましょう。

他にも、むやみやたらにリンク構造を変えないとかいろいろ注意点はあります。
 
リニューアルあるあるの『【恐怖!】同じ内容の旧サイトと新サイトを両方運営する』とか、語り出したら1万文字を軽く超えてしまいそうなので、また別の機会に(笑)
 

ホームページリニューアルでやっていけないのは『考えなしに変える』ことです。

ちゃんとしたWEB屋さんは、それまでのWEBサイトの問題点を洗い出し、改善策を考え、旧サイトの良い部分を残した上で、やむを得ずリンク構造やURLを変更する場合はそれ相応の処置を施します。
 
『見た目を変えたい!そして業者にデザインを依頼したい!』そう思ったら、その業者がSEOに関して一定の知識を持っているかというのが、業者選びの基準になると思います。
 
といっても、それだと選ぶ側(お客様)も知識をもっていないといけないから大変じゃない!ってなりますよね。
 

大丈夫。わかり易い『こういうWEB制作業者は危険』ってのがあります!

お客様『リニューアルしたいんですけど〜』
業者 『お任せください!最高にクールなのつくりますよ!数日待っててください!』
ー数日後ー
業者 『デザイン作ってきました!超クールです!』
お客様『』

多分、見た目の事以外なにも考えてないので止めましょう(汗)
もしかしたら、お客様のお手を煩わせることなくめちゃくちゃ気をつかって作ったのかもしれませんが、お客様の今後の事業展開も聞かず、さらにアクセス解析も見ないでいきなりデザインから入る業者さんだったとしたら、私なら確実に信用しないし一緒に酒を酌み交わそうとも思いません(笑)
 
ご自身でホームページをリニューアルをご検討中の方も、良かったらアクロスを選択肢の中に入れてみてくださいませ。
いろんなことを考えながら、失敗しないリニューアルのお手伝いをさせていただきます!