“空気”と“お金”以外?!何でも印刷します!

昨年の今頃、このブログで出版不況のことを書きました。
(2016年に刊行された書籍・雑誌を合わせた出版物の推定販売金額が、前年同期比3.4%減の1兆4,709億円で、12年連続のマイナス)

2017年はというと、1兆3,701億円。前年から6.9%減。ここ20年で最大の落ち込みで16年から約1,000億円のマイナス・・・。おそらく18年は1兆3,000億を割り込む気配。

「読書は人生を豊かにしてくれる!」
本を読むことで、新しい知識に出会い、美しい表現に感動し、刺激をもらうことができます。
 
私自身も本のなかの言葉に救われたことが何度もあります。皆さんも、もっと本を読みましょう!
でもこの出版不況は単純に「本を読みましょう」と言ってる場合じゃないですが・・・。
 
弊社ではチラシやカタログ、冊子など紙モノのデザイン、印刷のほかにも、最近は変わった依頼が続いています。

★会社説明会ブース 装飾ツール

・テーブルクロス・椅子カバー・壁面クロスなど

★記念品「キンドル」名入れ印刷

★商店街フラッグ(両面) 3点吸盤ポール固定

★来場者用サテンシール(バックステージパス)


 
ほかにも「学校の旗」「イベント参加者用肩掛けゼッケン」「等身大パネル」などお客様からのご要望にお応えしているうちに、様々なものが出来上がってきました。
 
「こんなことできるかな?」「こんなものが必要なんだけど」
どんなことでもご相談ください!お応えいたします。
 
でも「お金を刷ってほしい」には申し訳ありませんが、対応できません・・・。
あしからず。

久々に3Dプリンターで出力をしました。

久々に3Dプリンターで出力をしました。

完成しませんでしたが新たな発見が1つ。

思いつきで通常の倍以上のサイズで出力。

フィラメントの残量を確認せずに始めたことで2色のオブジェになりました。本来、1つのオブジェは1色の成型色なのですが、フィラメントがなくなりかけたので出力中に「一時停止」。

素早くフィラメントを抜き、新しいフィラメントを挿入。

金色から白色の2色成型のオブジェが完成しま…せんでした。

白色フィラメントを出力中にフィラメントが折れてしまったようです。

直射日光の当たる場所や湿度の高いところに放置すると劣化しやすいようです。

ブログではよく分からない、触れてみたい方はMEルームに現物がありますのでぜひ直接ご覧になってください。