HPリニューアルでアクセス激減しない為に注意すること。

ホームページリニューアルでアクセスが激減してショックを受ける男性のイメージ
なんか不穏なタイトルと画像ですいません^^; 
 
そんな不穏なことはひとまず脇に置いといて、アクロスのホームページがリニューアルされました!
いろいろ変わっているのでどうぞ隅々までご覧になってください!
欲しかった印刷物、欲しかったWEBサイトが見つかるかもしれません。
 
ところで、皆さんはWEBサイトのリニューアルというと、どんな事をイメージされますか?
『ホームページのデザインを変える作業』・・・乱暴な言い方をしてしまえば、まぁそうなんですけどね。

それでは、何を思ってデザインを変えるのでしょうか?

『WEBサイトに求める結果が出ないから』
『WEBサイトのユーザーや見込客の求めるものと違うから』
『古い仕様になってしまったから』

↑↑↑こんな風に考えてリニューアルすると、作業中に大きく迷子にならないで済むんですけど
残念ながらよくあるパターンはこれ↓↓↓
 

『飽きたから(笑)』
  
 
人間だからね、飽きますよ、そりゃ。(笑)
しかしながら『ただ、飽きたから変える』の場合、
リニューアル後に、アクセスが減ってしまいました(ゝω・) テヘペロなんてことになりかねません。
 
例えば古いサイトが、フレームで区切ってあって、原色バリバリでどぎつくて、開いた瞬間謎のMIDI音源が流れ、「ご訪問ありがとうございます。あなたは○○○人目のお客様です」なんて、画面を横に流れて行く文字がイラっとするみたいな、古き良き時代(?)のWEBサイトだったとします。

それをフルスクリーンのカルーセルで、柔軟に変化するナビゲーションバーにクールなゴーストボタンで、俺時代の最先端☆みたいなデザインに変更しても・・・起こりうるんですよ、アクセス激減ってのは。

(↑この例の場合、怖いもの見たさで来ていた人がいなくなって閑散とするってのがアクセス激減の最大の原因になりそうですけどね/笑)

と、言う訳で、これからWEBサイトのリニューアルをお考えの方に、是非気をつけていただきたい点をまとめました。

考えなしのURL変更は行わない!

最悪のパターンで、『リニューアルするからドメインも変える☆』ってのもありますが(汗)

例えば、http://dp-across.co.jp/print/sample01.htmlっていう、アクセスの多いページがあったとします。
それをリニューアル後、なんとな〜く
http://dp-across.co.jp/printting/sample-01.htmlに変えました。
 
なんか気分的に変えたくなることもあると思うんですけど、やめましょう、こういうのは。
アクセスが減る原因はいろいろありますが、一番イメージしやすいとこでいうと、例えばこの記事がSNSでシェアされていたとしたら、何百人にもシェアされた記事が閲覧できなくなります。そりゃアクセス減りますよね。
 
で、『リニューアルするからドメインも新しく取得して変える☆』なんてのはそれ相応の覚悟を持っていない限り、本当にやめましょう(汗)

ドメインには『ドメインエイジ』というものがあります。年齢のことですね。古く長く運営されているドメインの方が、検索エンジンからすると信用を得ている状態です。『ぽっと出の若造』よりも『長年勤めている人(例えそれが椅子に根をはり、これと言った仕事をしない人でも/汗)』の方が重視される傾向にあるんです。

せっかく得ていた信用を失う=検索結果に影響します。これはいただけません。
あ、でも『古いんだけど悪いことをした人』はいけません。ブラックドメインになってしまった!なんて場合は変えるべきです。この話はまた別の機会で。

記事タイトルをむやみやたらに変えない!

それまで検索上位に表示されていた記事のタイトルを考えなしに変えるとか、本当にやめましょう。タイトルタグはページの見た目には関係ありませんが、SEOにおいてはとても重要な役割を持っています。タイトル部分にアクセスを稼げるキーワードが入っていたかもしれません。変更するときは、きっちりと考えを持って最適化していきましょう。

他にも、むやみやたらにリンク構造を変えないとかいろいろ注意点はあります。
 
リニューアルあるあるの『【恐怖!】同じ内容の旧サイトと新サイトを両方運営する』とか、語り出したら1万文字を軽く超えてしまいそうなので、また別の機会に(笑)
 

ホームページリニューアルでやっていけないのは『考えなしに変える』ことです。

ちゃんとしたWEB屋さんは、それまでのWEBサイトの問題点を洗い出し、改善策を考え、旧サイトの良い部分を残した上で、やむを得ずリンク構造やURLを変更する場合はそれ相応の処置を施します。
 
『見た目を変えたい!そして業者にデザインを依頼したい!』そう思ったら、その業者がSEOに関して一定の知識を持っているかというのが、業者選びの基準になると思います。
 
といっても、それだと選ぶ側(お客様)も知識をもっていないといけないから大変じゃない!ってなりますよね。
 

大丈夫。わかり易い『こういうWEB制作業者は危険』ってのがあります!

お客様『リニューアルしたいんですけど〜』
業者 『お任せください!最高にクールなのつくりますよ!数日待っててください!』
ー数日後ー
業者 『デザイン作ってきました!超クールです!』
お客様『』

多分、見た目の事以外なにも考えてないので止めましょう(汗)
もしかしたら、お客様のお手を煩わせることなくめちゃくちゃ気をつかって作ったのかもしれませんが、お客様の今後の事業展開も聞かず、さらにアクセス解析も見ないでいきなりデザインから入る業者さんだったとしたら、私なら確実に信用しないし一緒に酒を酌み交わそうとも思いません(笑)
 
ご自身でホームページをリニューアルをご検討中の方も、良かったらアクロスを選択肢の中に入れてみてくださいませ。
いろんなことを考えながら、失敗しないリニューアルのお手伝いをさせていただきます!

アクロスの近くの平塚美術館でペコちゃん展開催中

アクロスがある平塚は、新市庁舎や平塚地方合同庁舎が建設され、
市役所・ハローワーク・労働基準監督署等が近くなり、
総務経理担当の私にとってはとても便利になりました。

その近くには図書館・博物館・美術館といった施設もあります。
図書館・博物館は小学生の時に利用していましたが、芸術に疎い
私はまだ美術館を利用したことがありません。

平塚美術館では、平塚に工場がある㈱不二家とのコラボで
「ぺこちゃん展」が7月11日~9月13日まで開催されます。

この機会に、私のように芸術に疎い方もそうでない方も
平塚美術館を利用されてみてはいかがでしょうか。