物理学はお好き?平塚ライオンズクラブ様で講演会。

タイトルを見ただけで逃げ出さないでください。
 
実は今日、3月18日「物理」の講演があります。
 
講師はもちろん”私”ではありません。今を去ること40数年前の高校の恩師、窪田先生に講演をお願いしました。と言っても私は物理など大の苦手、先生とは高校の頃は一度も言葉を交わしたことはありません。ただただ女子クラスの担任という不純な動機だけでお顔とお名前は良く存じ上げておりました。
 
昨年の暮れに卒業後初めて参加した同窓会の来賓の先生と意気投合。80歳を過ぎた今日でも「私たち子供?に理科を好きになってほしい」のお気持ちからパーティー会場で物理実験を披露。私はこれに感染してしまいました。
 
講演のレジメつくりをお手伝いしているうちに前期高齢者をむかえた生徒(私のことです)も物理に興味が湧くようになってきました。今回は「波」をテーマに実験を交えてお話ししていただきます。
 
ここからは私の俄か仕込みの薀蓄。
 
光も音も波だそうです。
 
虹を思い浮かべてください一番上の赤い光の波長は下の紫の約2倍あるそうです。女性の甲高い(波長の短い)声を「黄色い悲鳴」といいますが物理学的には「紫の悲鳴」とした方がよさそうです。
 
 
話は飛んで「風林火山」の登場。
 
「静かなること林のごとし」なぜ林は静かなのでしょう?周波数の高い音は林のなかでは吸収されてしまうそうです。先生はこれを水の波を使ってとても分かりやすく解説してくれました。
 
二人の会話は”師弟”というより”漫才”のようになってきました。
 
先生、これからもお元気でご活躍ください。講演ありがとうございます。感謝、感謝です!

アクロスも今年で設立5年に成る訳です。

一月(いちげつ)往(い)ぬる二月(にげつ)逃(に)げる三月(さんげつ)去(さ)る
これは言わずと知れたナマケモノの常套句(笑
妙にしっくりと私に馴染むから困ったもんだ(汗

朝っぱらから…
真っ昼間に…
こんな夜更けに…

変な話、こんな言い訳がチョット好きだったりする。
人には優しく、自分には更に優しい私…(書いてて落ち込んだりします。

こんな私もこの1月に五十路を迎えた(泣
振り返ると毎年年中四六時中こんな事ばっかり言ってた記憶が強い。
やばい。マジにやばいっすよね。。。

お、そんなこんなで、アクロスも今年で設立5年に成る訳です。
なんやかやと慌ただしく年月が過ぎた感満載では有るけども
何かしら落ち着きを見出せた。
会社の寿命は長くて30年と言われます。
ゴールを何処に持って行くか?
個々にゴールを目標と捉えるか?経過点と捉えるか?何と捉えるか?に依って
重くも軽くも右にも左にも行く訳ですが、ゴール自体は動かない。

その日を、「生きてるだけじゃ勿体ない、続けば良い」では意味が無い、段々そう思って来ました。
生きてくことも続けることも結構大変なんですけどね(笑

趣味を拡げてみようかなぁ?とか
趣味と実益が…とかまさに「夢」ですが、この区切りを境に私自身も会社も良い意味で換わる事を考えてます。
え?退くの?違います(笑
流れに乗るんです。