中小企業の社会的責任(CSR)と環境マネジメントシステム(EMS)

EMSでよく知られているものにISO14001がありますが、近年少し元気がないようです。
 
2008年以降登録事業所数は減っているようです。特に中小企業にとっては費用対効果の面でキビシイものがあるようです。費用は高すぎてキビシイ。効果面では“システム”に重点が置かれがちで中小企業にとっては運用効果面でキビシイ。
 
「社会的責任」に関してはISO26000が発行されましたがガイダンスであり何をすべきかがワカラナイ。
 
私が所属するKESでこの度、新規格「SR・環境マネジメントスタンダード」がスタートしました。KESは費用面はもちろん内容も中小企業にとって、わかりやすく取り組みやすいものです。どちらかといえば“マネジメント”に重点を置いているように思えます。

環境改善の実践を「Think Globally,Act Locally(地球規模で考え、地域から行動を)」と考え「環境経営」の機会を提供します。

環境経営では「紙・ゴミ・電気」の節約だけでなく、生活の質や製品機能という分子を大きくすることで創意工夫の要素をより大きく取り込むことができます。
 

環境効率=生活の質*製品機能/環境負荷*資源使用量 

 
環境MSで「持続可能な発展への貢献」と「汚染の予防+法令順守」さらに社会的責任として「持続可能な発展への貢献を最大化する」「法令順守を超え、主体的に判断して取り組む」を加え具体的な要求事項として盛り込みました。
 
環境マネジメントシステムを実践している会社ならば、無理なくCSR(社会的責任)に踏み出すことができそうです。
 

意外と知られていないAdobe製品のチュートリアル動画集。

cc
今回はお勉強サイトのご紹介です。その名も「Adove TV」
 
デザインの現場で、当然のように使われているPhotshopやIllustraror。この発売元がAdobe社です。
耳慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、デザインの現場では、WordやExcleのように、「使えて当然」みたいな風潮があります。

ですがOfficeよりも断然高価なソフトウェアですし、使用する業種も限られるためか、学生の頃は使えると少しレベルの高い人と勘違いしてもらえたりもします(笑)

今はインターネットで大概の情報は手に入りますから、ちょっとわからないことがあったらGoogle先生に質問する(検索してみる)すればいいので助かります。
でも本当に初心者の頃というのは「なにを聞いたらいいのかわからない」ってのが正直なところ。

そこで便利なのが、発売元のAdobeの公式チュートリアル動画サイト「Adove TV」
各ソフトの概要やチュートリアルをはじめ、新しい機能の紹介も随時追加されています。
 
普段何気なく使っているソフトですが、さすがは公式です。「え~!そんな機能あったの!?」と驚くこともしばしば。

ソフトの操作というのはデザインの学校に通って、操作方法を覚えるのも一つの手段です。
でもお金かかりますものね。
 
また現場で毎日それらのソフトを利用していても、新しいバージョンが発表されて追加機能がはいったりすると、また使い方を覚えなければなりません。
それにWEB周りはどんどん開発が進んでいますから、ちょっとぼーっとしてると置いていかれてしまいます。
毎回学校に通っていたら、仕事になりませんしね(笑)
そんな現役職人の強い味方でもあります。(私はEdge Animateの使い方の勉強で毎晩入り浸っていました)

是非活用して「操作方法」という呪縛から脱却し、自由なデザインライフを楽しみたいものですね。

第63回湘南ひらつか七夕まつりを終え。

0717

この祭典自体私は42回目から何かしら関わって参りました。
が、まぁその昔は週を通じて5日間開催だった訳でして
巷では「日本一長いお祭り」と崇められたりもしていました。
 
しかし…
年々、飾りが乏しくなって行って居るのを感じるなぁ。
市内の案内ももうテキ屋さんの見物会に成っている。
どうした?平塚?元気が無ぇ〜な。
 
七夕最中の梅雨明け、暑さに痺れる様な日差しと吹き飛ばれそうな強風を浴びた訳ですが(^_^;
皆様お元気でしょうか?m(_ _)m
弊社もこの7月で設立より丁度3年を無事迎えました。
これも一重に皆様のおかげで御座います。有難う御座います。
 
 状況と言えば、天候の如く予測できない市況相手に闘っております。
毎年同じ事を言って居りますが「この1年、この1年が勝負!」
「来年のひらつか七夕まつりには大きな飾りが出せます様に」と
気を引き締める私で御座いました!