【第2回】はじめてのAdobe Illustrator【1から覚える】

第2回目にして趣旨が変わってしまいますが…

10数年ぶりに運転したマニュアル車。始めは「カックン!」とエンストしたがすぐに勘が戻り、なんとか家まで帰り着いた。

操作方法は頭ではなく、体が覚えていました。考えなくても、車を走らせるために手足が自然と動く(少しあやしい)。

今、使っているイラストレータなどのソフトの使い方やショートカットなども同じ、1から毎日のように触れて覚えたこと。

Web関係についても同じことだったといえるように触れていきたい。

Think Globally,Act Locally(地球規模で考え、足元から行動)

毎度ばかばかしいお咄を一席。急ぎの手紙を書き終えた旦那「ムカデは足がたくさんあるから速かろう。ひとっ走り頼むよ」しばらくして「おや、お前、もう戻ったのかい。それにしても早かったね」 ムカデ「旦那、まだ草鞋を履いてる最中で・・・」

ムカデほどではありませんが私も数足の草鞋を履いております。そのうちの一足は「株式会社アクロス」勤務、もう一足は「ヨコハマみらい環境協議会」の活動です。「ヨコハマみらい」は主に中小企業向け環境マネジメントシステム「KES」の認証取得をサポートする”特定非営利活動法人”です。中小組織にとっては費用面、管理負荷面で負担の大きいISO14001に代わる環境マネジメントシステム(EMS)をサポートするNPOです。

私という人間は片足はEMSを認証する側のNPO、昨年6月からもう一方の足にはEMS認証を取得する側の企業、という二足の草鞋を履くおかしなことになってしまいました。

さて、これからが本題です。表題の「地球規模で考え、足元から行動」とは環境問題に取り組む際の原則です。本題に入ったばかりですがEMSブームは去りました。2008年をピークにISO14001の認証サイト数は減少。EMSをお客さん扱いにして費用をかけるほどの余裕のある企業はなくなりました。EMSも稼がなければならないのです。

EMS認証取得企業のほとんどが「紙・ごみ・電気」に取り組みます。事務用紙を削減、ごみを減らし、電気を節約すれば、その分費用も減ります。ただそれだけでは1,2年で頭打ちです。これはヨコハマみらいも抱える大きな課題です。アクロスも同じでした。アクロス社内だけで貢献できる環境負荷の低減も、コストの削減も知れたものです。地球規模どころではありません。どうすればよいでしょうか?

アクロスの答は「本業でのEMS」「儲かるEMS」です。お客様の会社、商品をアピールするために、より環境負荷を考慮した方法をアクロスがご提案いたします。採用していただくことで、アクロスの製品、サービスを通して多くのお客様に「環境に優しい会社」になっていただく、というものです。これを地球規模に広げれば、アクロスが社内消費する「紙・ごみ・電気」を節約するより、遥かに大きな環境負荷の削減が出来ます。そのときアクロスは本業で儲けるグローバルなEMS企業となります。いま、アクロスは足元から変革のスタートを切りました。

2013年のWEBデザインのトレンド予想

平塚の広告代理店アクロスのWEB担が予想する2013年WEBデザインのトレンドについての画像

ファッションやインテリアと同じように、毎年毎年WEBデザインのトレンドも移り変わって行きます。

2013年はどんなものが流行るのか、アクロスWEB担曽我の趣味の範囲で大予想!

スマートフォンやタブレット、PCなどあらゆるデバイスに対応する制作手法として注目されている「レスポンシブWebデザイン」。
弊社WEBサイトもレスポンシブwebデザインです。これから作られるWEBサイトはほぼコレになるのではないかと思いますが、アクロスのWEB担曽我的にはあくまでもひとつの手法と考えています。

タイポグラフィーが重要なのは、もう疑う余地もありませんが、タイポグラフィーを全面的に使ったダイナミックなデザインが日本でも増えて行くハズ。WEBフォントとCSS3の普及で、この流れは加速していくと思います。

グリッドを使ったグラフィカルなデザインがとにかく大盛り上がり!ギャラリーのサムネイルに取り入れたり、サイト全体のモチーフが「円」だったり、それもこれもCSS3で「円」を表現することが可能になったおかげです。2012年もどんどん円形モチーフが増えてきましたが、2013年はさらに増えるはず。円を表現する方法も様々な方法があり、それらをネットで共有していっているわけですから、もっともっと盛んになっていくんじゃないかなぁ…と。ちなみにこのサイトのサムネイル、プロトタイプ段階では円形だったんですよ。いろんな事情で今の形になりましたが、リベンジしたいです(笑)

と、ぶっちゃけ2012年の延長だろ…って予想なのですが…。
他にも注目なデザイン手法はあるのですが、自分がもっと取組んでいきたいものを3つをとりあげてみました。

WEB業界は他業界に比べて7倍速で進化するらしいです。(なんで7倍なんだろう…)2013年の年末に「今年はやったWEBサイトデザイン」ってやったら、全然違う内容になってるかもしれませんね。(こういっておけばハズレても大丈夫、テヘッ)

2013年

湘南平塚広告代理店アクロスの2013年年賀状デザインの画像

 明けましておめでとう御座います。

昨年暮れに自社製作の製品が何にどの様に使われているのか?
機会が有ったので覗かさせて戴きました。
「たかが」が「されど」に変わる瞬間でした。
思い込みっていけませんね。熟々年齢による脳の硬化を感じる瞬間でもありました。
情報の問題で映像、画像はUP出来ませんが。
(それでもと言う方は直にお問い合わせ下さいませ、目の前でお見せ致します)
見る人によっては
『何これ?』『解らねぇ。』『凄い。』etc・・・でしょうか?
私が見たのは「工夫の塊」でした。
制作者(設計・発注に携わった方)との導入までの掻い摘まんだお話しも、
違った“視点”で、共感みたいなモノを感じました。
多分相手にも私の考えに似たものは伝わった感が有ります。
仕事は歯車で噛み合わなければ空回り。それは人も同じ。
幾らお金を掛けて頑丈で精密な歯車も双方が噛み合ってこそ、その機能を発揮出来る。
何か新しい「ヒント」のようなモノも目隠しで手探りですが触れた感じでした。
で、
今年は、その歯車を噛み合わせる。
それが抱負。
人も仕事も「単純にして効率アップを」
これですか。
なんか巧みに言葉を換えて毎年似た様な事言っていますが

今年も宜しくお願い致します。