サッカー&スポーツ好きが浅田真央選手引退で思うこと

川沿いに咲く満開の桜、その後ろにそびえ立つ富士山を眺めながら春を満喫し、通勤時間が一瞬の至福のひと時と感じている私ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年は開花が少し遅れた分、入学するお子様にとっては桜の咲く中での入学式になったのでは!?
 
大人にとっては楽しいお花見見物が日夜行われていることかしら~(^^♪
 
私もこのブログが載るころには、サッカー観戦の前にお花見をして楽しんだ後だと思います。
今はとてもウキウキして週末が待ち遠しい感じ~( ´艸`)。
 
先日、フィギアスケートの浅田真央選手が現役を引退されました。
 
どの種目もとは限りませんがアスリートにとって選手生命は短いものです。
浅田選手もまだ26歳!?もう26歳!?
年齢だけを見ればまだ出来るのではと思ってしまう。
 
思い描くプレーや気持ちのモチベーションが実際のプレーとマッチせず心と体のバランスが取れなくなってしまうことにより引退を選択せざるを得なくなる。
若くしてトッププレーヤーとして活躍することにより体力面にはかなりの負担もあったことでしょうね。
 
フィギアスケートの中でも、女子フィギアは選手生命が一番短いそうです。
10代で体の変化が起こる前は小さい体なのでジャンプも飛びやすいそうですが、体が成長するに従い筋肉も付き、身長も伸びたり、体の変化が伴うことでジャンプなどが飛びづらくなってしまうそうです。
 
 
別のスポーツにしても遅かれ早かれ選手生命の寿命はあります。
スポーツの世界は結果を出し、勝たなければ生き残れない世界です。
結果が伴わないと、プロ契約も切られてしまいます。
いくら自分の好きなものであっても、終止符を打つ決断をするのは一大決心なのでしょうから…。
 
私たちには応援し続けることは出来ても、選手たちの本心までは計り知ることは出来ません。
どんなに苦しいことがあっても、最終的には選手本人自身で乗り切らないといけないことでしょう。
それだけスポーツの世界で生きていくというのは過酷なことであり自分との戦いでもあるのでは…。
浅田選手は「スケートは人生」と言ったように誇れる何かがあるというのは私から見ると羨ましいことです。
“私の人生こんなんだったぞぉ!”って遅いかもしれないけど言い切れる何かを模索していこうかなと感じるこの頃です。
 
 
 
毎度おなじみ!私からの湘南ベルマーレ情報~🎶
サッカーもシーズン開幕し、今年はJ2の舞台!!!
開幕当初から、熾烈な戦いが続いております。
一戦一戦どう勝ち抜くかとても難しくJ2は甘くないぞ!
何とか上位をキープしておりますが、もしかしたら次は奈落の底ではありませんが、下位に落とされることもあり得るわけで…(;゚Д゚)
ケガ人もチラホラと出ているのでシーズン終わるまでどうなることやら…。
先程の話ではないですが、サポーターは勝ってくれるように応援することしか出来ません。
最後に今年は良かったと言えるよう応援し続けますのでJ1復帰を目指して頑張って欲しいです!!!
4月22日(土)ホームBMWスタジアムで試合が行われます。
暖かくもなってきた春の陽気の中、スポーツ観戦楽しいですよ~(^^♪
外に出て、皆さんも応援してみませんか!(^^)!
 
 
春の陽気に浮かれている荻野でした。