オンラインからオフラインへ。O2Oという言葉。

最近、O2O(オー ツー オー)という言葉をよく耳にします。
オンライン(ネット)からオフライン(実店舗)へ顧客を誘導するこを言うようです。
 
ネット上でwebサイトが人気があっても、実際に売上に結びつかないことには意味がないですよね。ネット通販の売上もドンドン増えているようですが、実店舗を構えているからには店舗での売り上げアップが重要ですから。店舗に足を運ぶと「買おう」と思っている商品以外にもつい、購入してしまうことがありあすよね。私の場合、趣味の釣具や書籍などで商品をみて思わず買ってしまうことが良くありますから。
 
最近では各社から色々なシステムが発表されていますが、結構なコストがかかるものが多いですね。
そこで、手軽に出来る3つの方法について考えてみました。
 
まず第1にTwitter
お店の入荷情報や特売情報おなどを告知するには便利ですね。
ドンドン、広めていってもらうこともできますから。歯止めがきかないという怖さも同時にあわせもっていますけど。
 
次に、最近話題のLINE。
公式アカウントは高額でなかなか手が出ない感じでしたが、LINE@というサービスが始まって、月々5,000円から販促に利用できるようになりました。登録して頂いたお客様に情報だけでなく。クーポンなどを送ることが出来るので来店への動機づけが出来ると思います。
 
最後にメールマガジン。
私もPCや携帯のメールマガジンを色々と登録しています。
たくさんDMメールや迷惑メールに紛れて、必要な情報を読み逃していることもあるかと思います。メールのタイトルなどに差別化を図るなどの工夫が必要ですね。それ以前に単に、セールの情報を送るだけや、統一のクーポンならばtwitterやLINEを活用した方が良いと思います。
メールマガジンには他の2つにはない強みもあるのです。それは、お客様のアドレスを情報としてもっているということです。これを活かさない手はないですよね。全ての人に同じ内容を送るのではなく、それぞれのお客様に向けた情報を送ることが出来るはずです。
店舗のPOSデータと関連付け出来ラバ一番なのですが、システムにコストがかかってしまいます。でも、アンケートを会員に向けて行って、顧客情報をセグメントすれば「あなただけ」に「特別な情報、クーポン」を送ることが出来るのです。
たとえば、居酒屋さんなどで、メルマガ会員の好きなお酒の種類をアンケートしておいて、入手困難な日本酒が入荷したら、限定販売のクーポンを送信すれば、来店への動機づけになると思います。
他にもいろいろと工夫すればまだまだメルマガも利用価値があるのではないでしょうか。