なんとかしちゃいましょう!!!

 

9月 September になっちゃいましたねぇ berの付く月の始まりです。今年もアト4ヶ月かぁ、なんとかしなきゃ。
ここまで売上のほうは???ですが、お客様のリクエストのほうはなんとかお応えできたようです。

2月、外は暗くなりそろそろシャッターを閉めようとしたとき、ミハイルさんがいらっしゃいました。ロシアの方です。流ちょうな日本語で「初めまして、明日の朝使う名刺を二人分作ってください。ロゴのデータはあります。」お断りしようと思いましたがお困りの様子なので、百均の名刺用紙で作ったサンプルをお見せしました。即座に「OK、カードで支払いできますか? では、コンビニにいって現金持ってきます」
その間に山口が手早くロゴとお名前のデータ処理。戻って来たミハイルさん校正紙を確認、お支払を済ませ「○○マンションの▲▼号室の郵便受けに明日朝までに入れておいてください。ヨロシク!」
3時間後完成、郵便受けに投函、メールで報告—なんとかしちゃいました。

 

3月、電話で「マジシャンらしい名刺を作りたいのですが!」一瞬?も、とにかくお会いすることに。
数点のサンプルをお客様と二人で眺めアレヤコレヤの結果、表を4色+盛上げ印刷、裏面は色を載せず透明盛上げのみ。盛り上げは初めてのことで試行錯誤の繰り返し、アクロスも若干のノウハウを蓄積。
盛上げ部分は製品が出来上がって初めてのご確認。大変気に入っていただき、カードマジックまで見せていただき納品—なんとかしちゃいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

6月6日、普段から世話になっている美術館から「チケットを作れますか?」二つ返事でサンプル確認に伺いました。さすがの私もビックリ。チケットの開催期間は4月15日(土)→6月11日(日)私自身も5月のギャラリートークに参加させてもらったイベント、それも最終日まで残るは6日だけ!
企画も素晴らしいうえに、NHKテレビで取り上げられ連日の満員、美術館職員のカラーコピーでの対応も間に合わなくなったが、最初に作った印刷会社では対応不可とのこと。
すぐに協力会社に電話「4/1c印刷+ミシンを入れて明日、午前中」の確約をもらい。7日の10時にアクロス着、検品だけすまし美術館に直行—なんとかしちゃいました。

 

 

7月七夕。今年はポスターコンペも優勝し、織り姫の写真撮影、制作と順調に進行しているところに、織り姫の等身大パネルの引合。引き続き特注うちわも受注。
中国の長期休暇も影響し、綱渡りの日程。なんとか目途が立ったらパネルの織り姫にうちわを配らせたいとのこと!?見積範囲外の仕事だが面白そう。これぞ趣味の世界「工作の時間」—なんとかしちゃいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

困った時は遠慮なさらずにアクロスに!お互いに知恵を出せば「なんとかしちゃえますよ!」
これから、売り上げもなんとかしなきゃ、経理に叱られる!