2016年
03月16日

平塚でもイチゴ狩りができるんです

今年もJリーグが開幕しましたね。
花粉症の私はあまり外に出たくない時季ですが、アクロスの近くにある総合公園は、地元湘南ベルマーレのホームスタジアムがあり賑やかになってきています。
 
10年程前まではシーズンチケットを購入し、アウェーゲームも市民応援団のツアーに参加したりして結構サッカー観戦にはまっていました。
 
初めの頃はサッカー観戦だけでしたが、せっかく遠出をしたのにもったいないという事で、
広島でお好み焼き食べて、宮島に行って・・・.
大阪でたこ焼き食べて、USJに行って・・・
山梨でぶどう狩りして、ワイナリーに行って・・・
北海道でカニ食べて、小樽に行って・・・
といった感じでサッカー観戦以外にも楽しむようになりました。
 
他のチームのサポーターって平塚に来る時に何かサッカー観戦以外に楽しみがあるのかな。
平塚って何があるって思った時に、一面真っ赤なイチゴの『広報ひらつか』を発見。
いつもの『広報ひらつか』より目を引きます。(赤い色の力恐るべし!!)
 
平塚では昭和初期からイチゴの栽培が始まっていて、今では平塚を代表する農産物の一つになっているそうです。
小学生の時に静岡でイチゴ狩りをした記憶があり、イチゴ狩りっていうと静岡まで行かないと出来ないと思っていましたが、平塚でもイチゴ狩りが出来るんです。
 
毎年1月~5月頃まで(各農園で異なります)がイチゴ狩りのシーズンです。
Jリーグが開幕した今、サッカー観戦の前にイチゴ狩りを楽しんでみてはいかがですか。
今ではすっかり出不精になってしまった総務経理担当でした(笑


<前の記事 次の記事>