2016年
02月03日

先人の想いを伝え、次世代につなげる“周年記念事業 ”

最近、記念誌制作のご依頼が続いています。
 
企業の60周年、サークルの40周年、団体の25周年など、創業創立から現在に至るまでの歴史をまとめ、その思いや功績を称え、次の世代に向けて大きく飛躍する、そのお手伝いをさせていただいています。
 
記念誌のほかにもロゴマークデザイン、のぼり、横断幕、ノベルティグッズ、記念式典の案内状、式典のスナップ写真集など周年記念事業の業務をいろいろと受けさせていただいています。
 
安定して長く続けていくことは非常に大変なことですが、日本で一番古い企業は何年創業かご存知ですか?
 
なんと飛鳥時代西暦578年創業!聖徳太子が四天王寺建立の際に百済から呼んだ宮大工によって創業された建設会社だそうです。そしてこの企業、世界最古!さらに世界最古の企業トップ3はすべて日本企業!すごいですね。
 
日本には創業200年を超える企業が3146社あり、世界最多。7社は1000年以上の歴史を持つそうです。
 
長い歳月をかけて特定の領域に注力し、信頼を勝ち取り、この信頼を貴重な財産としてリスクに対抗できる力を高める。誠実な経営に加え、徹底した職人気質、さらに保守的な企業経営などが日本企業長寿の秘訣となっているようです。
 
わがアクロス、まだまだひよっこですが、お客様の信頼を得られるよう、日々是精進するのみです。


<前の記事 次の記事>