2014年
05月14日

Photoshop効果を使って画像を絵画風にかこう!

イラストレータではPhotoshop効果を使うことで墨絵風やステンドグラス風などさまざまな画像加工が可能です。

まず、アートボード上に画像を配置します。





ps1



配置した画像を選択し、メニューバーの「効果」から「効果ギャラリー」を選択します。
効果ギャラリーには、アーティスティック、スケッチ、テクスチャ、ブラシストローク、表現手法、変形があります。
今回はその中から「ブラシストローク」の「墨絵」と「ストローク(スプレー)」、「変形」のガラスを作成してみました。

下の画像は「墨絵」を使ったものです。



ps2



下の画像は「ガラス」を使ったものです。



ps3



下の画像は「ストローク(スプレー)」を使ったものです。



ps4



細かな設定はチョイスした画像によりますので任意の数値でいろいろな効果を試してみてはいかがでしょうか。


<前の記事 次の記事>