2014年
01月08日

謹賀新年

20140108
若い衆は正月早々忙しいようなので、本日は年寄りがお相手する。
(という設定上、ところどころ偉そうにしている表現がありますがなにとぞお許しください)

ところで、1月1日が年の始まりなのは当たり前の話じゃが何故あの日が元日なのであろう?

ご存知のように昼の長さが一番短いのは冬至じゃ。我輩の若い頃は12月22日、最近では4で割り切れる年は21日、割り切れない年は22日が冬至となっておる。
どうじゃ、詳しいだろう!昔とった杵柄、我輩は50年ほど前は天文気象部だったんじゃ。長生きすると暦まで変わってくる。

そんなことはどうでもよい・・・で、冬至の翌日から昼の時間が長くなり始めるのだから元日は12月23日でもよさそうなもんじゃろうが。
半世紀にわたる我輩の研究成果を教えて進ぜよう。
冬至を過ぎ昼が長くなり始めても、日の出の時刻は依然として遅くなり続け太陽1つ分ほど遅くなる。冬至から1週間以上たった1月1日を過ぎた頃からやっと日の出が早くなり始める、じゃによってこの頃を元日としたらしい。あー、めでたい、めでたい!

とにかく今年もよろしく頼むぞ。


<前の記事 次の記事>