2013年
01月02日

2013年

湘南平塚広告代理店アクロスの2013年年賀状デザインの画像

 明けましておめでとう御座います。


昨年暮れに自社製作の製品が何にどの様に使われているのか?
機会が有ったので覗かさせて戴きました。
「たかが」が「されど」に変わる瞬間でした。
思い込みっていけませんね。熟々年齢による脳の硬化を感じる瞬間でもありました。
情報の問題で映像、画像はUP出来ませんが。
(それでもと言う方は直にお問い合わせ下さいませ、目の前でお見せ致します)
見る人によっては
『何これ?』『解らねぇ。』『凄い。』etc・・・でしょうか?
私が見たのは「工夫の塊」でした。
制作者(設計・発注に携わった方)との導入までの掻い摘まんだお話しも、
違った“視点”で、共感みたいなモノを感じました。
多分相手にも私の考えに似たものは伝わった感が有ります。
仕事は歯車で噛み合わなければ空回り。それは人も同じ。
幾らお金を掛けて頑丈で精密な歯車も双方が噛み合ってこそ、その機能を発揮出来る。
何か新しい「ヒント」のようなモノも目隠しで手探りですが触れた感じでした。
で、
今年は、その歯車を噛み合わせる。
それが抱負。
人も仕事も「単純にして効率アップを」
これですか。
なんか巧みに言葉を換えて毎年似た様な事言っていますが


今年も宜しくお願い致します。


<前の記事 次の記事>