2012年
10月26日

代表自己紹介 中西政博

平塚の広告代理店アクロスの社員紹介アクロスの代表取締役中西政博

訳(どんな訳やら)あって広島県からこの平塚市に流れ住着き早、20年。 関連の業界に携わっては延べで4半世紀の25年。 新幹線のこだまで広島から大阪を経由し、辿り着いた事を今でも思い出します。



平塚へ来た当初は言葉の壁?の様な、目に見えない障害を、相手に与えて来ましたが・・・


それは20年経った今でも、私の柱の中枢として立派に保たれております。 併せ、行く先々で問題を起こす所も昔と変わってないと日々反省はしては居ります。


その昔、尊敬する方から習いました。 「難しい言葉で解りにくい文章を書き並べる人間は比較的馬鹿が多い。」と。 私以上に極端な方でしたが、 「伝える商売はそうであっては成らない。」と言う基本を教わったと自分自身に刻んでおります。 見て、読んで、話をして、一緒に居て、関わって、纏わった人間が「面白い」と言う評価を貰えるよう。 次の区切りに向け今、足掻いてます。


想いに熱の入った相手に「タメ口訊くな!」と言う瞬間、そう言われる瞬間の感覚で妙な親近感と、共通の価値観を無理矢理見出したりする私です。



<前の記事 次の記事>