2018年
07月25日

PCからの主役交代

総務省発表のインターネットアクセスの比率をみるとスマホやタブレットからのアクセス利用が増加傾向です。

469f8d7f2cc4cf64dd02d66edd59ea4c.08.48.jpg
 
注目したいのはスマホアクセスが自宅からの利用が多いことに比べPC利用は職場からが多いのです。
 
ウェブサイトを制作する側にとっては、企業担当者に向けたBtoBのサイトはPCで見やすいように設計、一般コンシューマーに向けたBtoCのサイトならスマホで見やすいように設計が望ましいと思われます。
 
しかしそのような使い分けが不要なレスポンシブデザインなら、アクセスする端末に応じて最適な見え方を実現できます。
 
Googleも推奨するレスポンシブデザインは、制作コスト、SEO費用も削減できますし、不要なリダイレクトをなくすことで表示スピードも速くなります。
 
アクロスで制作するウェブサイトは、全てレスポンシブwebデザインだから安心ですね!


<前の記事 次の記事>